ブログミライミュージックスクールの講師陣が、
上達に役立つ情報を発信!

今からベースを始める3つの理由 - 音楽の新たな世界への扉を開けよう!

POST:2023年4月26日

こんにちは、ミライミュージックスクールのTossyです!

今回はベースを始めようとしている皆さんや、そうでなくても何か楽器を始めたいと思っている皆さんにベースの魅力をお伝えしてモチベーションを上げていただこうと思い3つの理由を挙げてみました!普段はなかなか見えてこないベースの魅力を知って新しい音楽ライフをスタートさせましょう!

三つの理由

  1. バンドで欠かせない存在
  2. 実は初心者にとってやさしい、入っていきやすい楽器!
  3. 実はモテる!?ベーシストの魅力

ベースの独特な役割 - バンドで欠かせない存在

バンド内でギターやボーカルに比べ、少し地味な立ち位置とされるベースですが、実はバンドの成否を握っていると言っても過言ではないほど重要なポジションなのです!それはベースが下の様な2つの超重要な役割を兼任しているからなのです。

✔︎ベースはハーモニーの土台そのもの!

✔︎ベースはドラムと協力してリズムの土台を作る!

音楽の3要素はリズム、メロディー、ハーモニーですが、ベースは実にそのうち2つで中心的な役割を握っているのです!

ハーモニーの土台というのは言葉通りの意味でメロディーを担当するボーカルやハーモニー全体を担当するギターやキーボードは土台、つまり一番下の音を弾き続けているベースの音を命綱の様な感覚で頼りにして聴き続けて演奏しています。

同様にドラマーもハーモニーの土台が発しているリズムとドラムのリズムがズレてしまわない様に(この二つが違うタイミングで聞こえるとボーカルやギターなどは非常にやりにくい!)しっかりと聞いて合わせています。

つまりバンドのアンサンブルが破綻しないように繋ぎ止めているのはベーシストなんですね!かっこいい🔥

ベース演奏の楽しさ - 実は初心者にとってやさしい、入っていきやすい楽器!

皆さんはベースという楽器を見たことがあるでしょうか、一般的にベースは、ギターが6弦であることに対して4弦しかありません、またギターのようにいろんな場所を押さえて何弦も同時に弾くという奏法よりは単音でベースラインを弾くことが多く、その分曲数をこなしていきやすいというメリットもあります!ぎたーのコードは慣れるまでに忍耐力が必要で奏法によっては習得に非常に時間がかかるので単音で弾くベースは導入段階でとても優しい楽器なのです、好きな曲をどんどん弾けるようになることはとても楽しいのでもしベーションを保ちやすいとも言えますね!🔥

実はモテる!?ベーシストの魅力

ステージ上でギターやボーカルに比べて目立ちにくいポジションにいると思われがちなベーシストですが、、実はモテます。実体験として間違いなくベーシストはモテ属性と言える部分があるのではないでしょうか。モテるためにベースをやる、そんなモチベーションがあっても良いのではないでしょうか!?このことについてその要因を詳しく考えてみたいと思います!

リズムセクションの要:
ベーシストはバンドのリズムセクションを担当し、ドラマーと共に音楽の土台を作ります。ベースはグルーヴ感や安定感を生み出し、曲全体の雰囲気を引き締めます。この重要な役割を担うベーシストは、自然とカリスマ性や頼りがいを感じさせる存在ると思われます。

クールな佇まい:
ベーシストは、ステージ上で目立ちにくいことは否めませんが、そのクールな佇まいが逆に魅力的に映ることがあります。目立ちたがらず、バンド全体を支える役割に徹する姿が、ベーシストの独特の魅力となっています。

ユニークな音楽性:
ベーシストは、単純なリズムやハーモニーに留まらず、個性的なフレーズやソロを演奏することができます。その独自の音楽性が魅力的に映り、リスナーやファンを惹きつけることがあります。

柔軟なコミュニケーション能力:
ベーシストは、バンドの中でギター、ドラム、ボーカル、キーボードなどとコミュニケーションを取りながら演奏します。そのため、柔軟なコミュニケーション能力が求められることが多く、その能力が人間関係へのアプローチにも応用が効くように思われます。

謙虚な姿勢:
スポットライトを浴びることの少ないベーシストは、謙虚で控えめな姿勢が多いです。その姿勢が、相手に対してリラックスした印象を与え、魅力的に映ることがあります。

とまあいろんな分析をしてみましたが、最終的には個人の性格や魅力が大きく影響しますので、一概に全てのベーシストがモテるわけではありません。ただ低い音で体を響かせるベースという楽器の魅力は絶大なものであるということは肌で感じ取っていただけると思います。老若男女問わずモテる楽器。それがベースなのです!

まとめ

この記事では、ベースの独特な役割、演奏の楽しさなどについて解説しました。皆さんはベースになぜ興味を持ったのでしょう、好きなミュージシャンやアニメキャラがベース担当だった?音が好きになった?いろんな理由があると思いますが是非その初期衝動を信じて楽器を手に取ってみて下さい!

それではまた次回お会いしましょう!

土日祝もOK!365日電話受付10:00-19:00

About MIRAIMusicSchool

ミライミュージックスクールは、関西を中心にこれから楽器を始めようとしている皆様へ最高の第一歩を踏み出してもらえることを第一に考え立ち上がったスクールです。学科はギター、ベース、ドラム、ボーカル、DTM、弾き語りの6学科。基本的にはマンツーマンレッスン、またはオンラインレッスンを生徒の皆様の環境、相性などを考慮し、最適な講師をマッチングし、ご提供いたします。
レッスン内容については既存のカリキュラムにこだわらず、それぞれの生徒さんに合わせたレッスンプランを組んでいきます。音楽を学んでいくに当たっての悩み、ご不安などございましたらお気軽にお問合せください。

サイトマップ個人情報保護方針