ブログミライミュージックスクールの講師陣が、
上達に役立つ情報を発信!

楽器を早く上手に演奏できるようになるコツ〜 レッスンとの有効利用〜

POST:2022年5月9日

Learning to play the guitar. Extracurricular activities or tutoring or hobbies or creative activities.

ミライミュージックスクール代表のTOSSYです!
初投稿の今回はこれから音楽のレッスンを受講しよう!と考えている皆さんに最高の音楽体験をしてもらうためのちょっとしたコツをシェアしたくこの記事を書いております!

楽器上達のポイント①楽しむこと

なんだそんなことか、と思われるかもしれません。
しかしこれ本当に大事なことなんです!レッスンを始めて少しづつ楽器に慣れ親しんで、少しづつ自分で音をコントロールできるようになってくる。。そうすると、どんどん楽器を演奏することにのめり込んでいく時期があります。私自身ドラムを長い間演奏しているので何度もそういうことがありました。

ところが楽器が上手くなっていくスピードにはムラがあります。どんどん上手くなる時期もあれば、みんなが簡単そうにやっているたった一つのことがなかなか出来ないと言う時期もあるわけです。

ゲームでも勉強でもそうですが、越えなければいけない壁を前にすると人間というのはフラストレーションが溜まる生き物です。私も好きなバンドのお気に入りの曲のギターソロの伴奏部分がなかなか出来ず、高校生のころ泣きながら何度もトライした覚えがあります。苦しみながらけべを乗り越えていく経験は必ず必要なものではありますが、そんな時は少しだけ発想の転換を試してみてください。今やっていることは決して苦しいことではなく楽しいことに挑戦していると。

例えるならゲームでなかなかクリアできない場所や強い敵が出てきた時に、「めちゃくちゃ手応えのある敵来たな」とかポジティブに捉えることも出来ますよね。

ドラゴンボールの孫悟空は自分が勝てないレベルの敵が現れるたびに「オラワクワクすっぞ!」と言ってむしろテンションを上げています。
なかなか上手くいかない時にポジティブに考えることは難しいことですが、もし楽器をやっていてフラストレーションが溜まる場面に出くわしたら心は辛くてもこうつぶやいてみてください

「オラわくわくすっぞ!」

だまされたと思ってやってみてください!本当に変わるはずです!

楽器上達のポイント②ゆっくり、はっきり、くっきり!

自分が目標にしている曲や技術を習得する時にこれまたついやってしまいがちなのがとにかく早く演奏しようとしてしまうことです。

テンポは音楽の表現にとってとても大事な要素です、なかなかテンポが上がっていかないと全然曲の完成に近づいた気がしなくて、ついフレーズや手順などがあやふやなままなんとなくテンポを上げてしまいがちです。

ドラムだったらエイトビートの縦のタイミングや手順、ギターのピッキングならどのタイミングでアップやダウンなのか、ボーカルなら音の変わり目やしゃくりなど

“細かい部分まで滞りなく、止まらずに出来るテンポ

まで落としてしまいましょう。

この時に大切なのが、あくまでも演奏可能なテンポまで落とすと言うことです、ついテンポを落とすとしてもほんの少しでも原曲のテンポに近くあろうとする気持ちが出てしまい、根拠もなくbpm10~20程度の“やや遅いテンポ“の範囲内に納めてしまいがちですがテンポを設定する唯一の根拠はあくまで

止まらすに演奏可能なテンポ

です。
演奏をコンスタントに又、正確に続けることのできないテンポで繰り返し止まってしまう練習を繰り返してしまうと上達するどころか、逆に変なクセがついてしまう可能性すらあるので、ちょっとしたことですが、ここは非常に大切なポイントです!

半分のテンポにしたって構いません、固定概念にとらわれずガッツリテンポを落として地に足のついた練習を心がけましょう。楽しみながら!!!

楽器上達のポイント③ 継続は力なり

一週間に一日だけ4時間練習するのと毎日30分でも楽器に触れて練習し続けること、どちらの方が学習効率が良いと思いますか!?もちろん時として集中して何時間も練習することが非常に効果的な場合もありますが、基本的には毎日楽器に触れ続けているほうが確実に楽器は上手くなります。

学校で忙しかったり、お仕事で忙しい中、毎日一定の時間を楽器練習に使うのはとても大変なことのように思いますが、ただただドラムの前に座ってみる、ギターを手に取ってみる、極端な話、そのあと全く演奏せず休んでも良いんです。だまされたと思ってトライしてみてください!
それが習慣になればそれほど強いことはありません。継続するということは本当にびっくりするほどパワーがあります。

間違ったことを繰り返さない、そのことだけには気をつけて、このエントリーをご覧の皆さん、まずは一週間でも良いので毎日楽器に触れてみてはいかがでしょう!?
その後の楽器ライフがとても良いものになることは保証いたします!

まとめ

ミライミュージックスクール、最初のブログはこれから楽器を始める!、昔楽器をやっていて途中休憩したがまた再開してみたい!、もっともっと自分が大好きな楽器を上手く演奏したい!そんな皆さんに向けて書いてみました。

ここに書いたことは私自身長い間楽器を練習してきて自信をもって正しいと言い切ることのできるコツです!ぜひ一部だけでも取り入れていただければと願っています!
これ以外にももう少し細かいコツはいくつかあるのでまたこのブログでシェアしていきたいと思います!

お読みいただきありがとうございました!
次回もお楽しみに!!

土日祝もOK!365日電話受付10:00-19:00

About MIRAIMusicSchool

ミライミュージックスクールは、関西を中心にこれから楽器を始めようとしている皆様へ最高の第一歩を踏み出してもらえることを第一に考え立ち上がったスクールです。学科はギター、ベース、ドラム、ボーカル、DTM、弾き語りの6学科。基本的にはマンツーマンレッスン、またはオンラインレッスンを生徒の皆様の環境、相性などを考慮し、最適な講師をマッチングし、ご提供いたします。
レッスン内容については既存のカリキュラムにこだわらず、それぞれの生徒さんに合わせたレッスンプランを組んでいきます。音楽を学んでいくに当たっての悩み、ご不安などございましたらお気軽にお問合せください。

サイトマップ個人情報保護方針