ブログミライミュージックスクールの講師陣が、
上達に役立つ情報を発信!

【初心者必見!】絶対クリアすべきギター初心者向け練習曲3選!

POST:2023年11月6日

「ギターを弾きたいけど、なにを弾けばいいのか分からない」

「とりあえず何か1曲弾いてみたい」

この様な悩みを抱えている初心者の方は沢山いると思います。

そんな方々に、数々の生徒を教えてきた僕がオススメの曲を3曲に絞って今回は紹介したいと思います。

はじめに

曲を紹介する前に、まずどのような基準で曲を選んでいるのかをお話ししたいと思います。
これが分かるとご自身でも練習曲を決める事が出来ると思います。

①テンポ

曲にはテンポというものがあります。

簡単にいうと曲の速さですが、初心者の方は出来るだけアップテンポ(速い曲)を避けることをオススメします。

ギターはテンポが速くなると右手のコードストロークの動きが速くなるので、自然と右手に多くの意識が向くことになります。

初心者のうちは左手(コードを押さえる)の方に重きを置いて練習したいので、右手の負担を減らす為にも出来るだけアップテンポの曲は避けましょう。

コードを押さえるのに慣れている方は、左手の練習の為にアップテンポの曲をするのはオススメです。

②コードの種類

ギターはエレキギター、アコースティックギター問わずコードを押さえます。

ピアノと違い、押さえる形によっては押さえづらいコードもあります。(Fコードの壁とかいう言葉を聞いたことある人もいるかも知れません。。。笑)

僕も初めはこんなコード押さえれるようになるんか?と不安に思っていましたが、慣れたら簡単に押さえれるので安心してください

でも慣れる前に挫折しちゃうと勿体無いので、次に紹介するコードのみで作られてる曲をオススメします。

C D Dm E Em F G A Am
C7 Dm7 Em7 G7 Am7

以上のコードはギターを始めたばかりの方でも比較的押さえやすいかなと思います。
特にFやBのような人差し指で多数の弦を押さえる(セーハ)コードは綺麗に鳴りづらいので、一旦避けましょう。

また、カポタスト(通称カポ)を使えば他のコードでも簡単に押さえる事が出来ますが、今回は割愛します。

③原曲にギターが入っている曲を選ぶ

ピアノがメインの曲でも勿論ギターで弾くことは可能ですが、初めはイメージが湧きにくいのもあって原曲の音源にギターが入っている曲を選ぶことをオススメします。
左手のストロークパターンを耳で聴いて覚える事が出来るのもメリットです。
どうしても弾きたい曲にギターが入っていない場合は、弾きたい曲の方がモチベーションもあがると思うのでそちらを優先してください!

オススメ練習曲3選

ここからは今までお話しした内容を踏まえて選んだ、オススメの練習曲を3曲紹介したいと思います。

①「とんぼ」/ 長渕剛

1曲目は長渕剛さんの「とんぼ」です。

この曲は僕自身がギターを始めた頃に初めて弾いた曲になります。

僕はギターを初めて弾く初心者が、初めから曲の頭から最後まで通して練習する事をオススメしていません

というのも僕自身曲を通して練習した記憶がなく、この曲もイントロしか練習していません
後から話に出てくる友達もイントロのみです。

僕はそれでいいと思っていて、ギターを始めた当初はそれだけでもすごく楽しかったですし、なによりも達成感を早く感じれることがメリットだと思います。

この達成感の繰り返しでギターを弾くモチベーションも上がって、結果上達も早くなると思うので、僕は初めから通して練習する事はオススメしていません。

イントロを弾いて先も弾きたいと思った方は弾いて頂いて構いませんが、ここではイントロのみのお話しをしたいと思います。

ここからは僕の経験談になります。

ギターを始めた当初中学生だったのですが、周りにギターを弾いている友達が多く、その全員がこの長渕剛さんの「とんぼ」を弾いていました。

普段遊んでてて友達の間で長渕剛の話題すら聞いたこともなかったのに、(世代というのもあると思います)なんでこの曲をみんな弾くんかなと思ったら、その中で当時1番ギターを弾けた友達(Aくん)が「この曲はコードも簡単やし、ストロークもこの曲弾けたら大体どんな曲でも弾けるから、初めて弾く曲にいいねん!」とみんなに言うていて、それを聞いた友達がとりあえず弾いてみて、その結果全員「とんぼ」が弾けるという状況になっていました。

Aくんもなんでそんな事知ってるんかなと思って聞いてみると、お父さんがギターを弾いているみたいで「とんぼ」を勧められたそうです。

結果的に友達みんな今でもギターを弾けますし、僕自身も弾けるようになった事から、初めの練習曲として選んだのは間違いじゃなかったんかなと思っています。

「とんぼ」を練習する事で学べる内容としては、基本的なコード(4つのみ)とJ-POPでよく使われる王道のコードストロークです。

Aくんが言うていた通り、このコードストロークを1パターン習得だけで、大抵のポップスの曲に対応する事が出来るようになります。(大袈裟ではなく本当です。)

まずはコードのお話しをしたいと思います。
この曲で使われているコードは
G D Em Cの4つのみになります。(歌が始まるともうちょっとコードが増えています。)

この4つのコードですが、今後ギターを弾いていく中でかなり使用するコードですので、必ず覚えましょう

そしてコードを押さえる指の順番ですが、基本的には6弦側(太い弦側)の方から押さえるようにしましょう。(右手のストロークのダウンピッキングが6弦側から弾くため)

次にコードストロークですが、はじめは左手のコードをスムーズに押さえれるようになるまではストロークをせず、1小節に1回ダウンピッキングでコードを鳴らすだけで大丈夫です。

コードが綺麗に鳴るようなったら、原曲のストロークパターン(ジャーンジャジャーンジャジャジャ)の練習をしましょう。

ダウンピッキングとアップピッキングと空振りのストロークをこの1つのパターンで習得出来るので、このパターンが弾けるようになると実質色々なパターンが弾けたのと同じになります。

原曲のパターンを4分音符ごとに区切って解説してみると

ジャーン|ジャジャ|ーンジャ|ジャジャ

右手のストロークを矢印で書くと

↓◯|↓↑|◯↑|↓↑(◯は空振り)

になります。

ゆっくりのテンポからやってみてください。

②「ドライフラワー」 / 優里

2曲目に紹介するのは優里の「ドライフラワー」です。

使われてるコードも初心者の方にも押さえやすいコードばかりで、
AメロまではC G Dsus4 Em7の4つのコードをずっとループするだけのコード進行です。

Bメロ以降も押さえやすいコードばかりですが、途中でセーハコードであるBm7とB7が出てきます。
このBm7 B7は初めは難しいと思いますが、代わりにDを弾く事で似たようなサウンドを出せるので、押さえれるようになるまではDで代用しましょう。

ストロークは言葉で表すと、
ジャーン|ジャーンジャ|ージャジャン|ジャージャジャ
矢印で書くと
↓◯◯◯|↓◯◯↑|◯↑↓◯|↓◯↓↑(◯は空振り)になります。
ゆっくりのテンポから始めてみてください。

③「桜坂」 / 福山雅治

3曲目は福山雅治さんの「桜坂」です。

この曲も僕がギターを始めた時に練習してた曲の1曲で、「とんぼ」と同じく曲は知らなかったのですが、友達のおすすめで練習していました。

使われてるコードは2曲目に紹介した「ドライフラワー」と似ていて、
G Cadd9 Em7 Dadd9などです。

add9は初めて出てきたで全然似てないと思う方もいると思いますが、add9は省略しても大丈夫なので、そうなるとC Dになります。

「ドライフラワー」と同じくBm7が出てくるのですが、Dで代用してOKです。

原曲はアコギの音が聞こえないので、原曲にギターの曲が入っている曲を選ぶということから外れてしまいますが、コード進行が簡単なのと、ストロークは「とんぼ」と同じパターンでいい感じになるので紹介させて頂きました。

上で紹介した「とんぼ」のコードストロークと「ドライフラワー」のコードを合わせたものと思って頂くと弾きやすいと思います。

まとめ

今回は初心者の方にオススメな絶対にクリアすべき曲を3つ紹介させて頂きました。

この3曲を弾けた方はFやBmが入っている曲(スピッツの「チェリー」、コレサワの「たばこ」等)をチャレンジしてみるといいと思います。

初めから1曲丸々を通そうとせず、

「イントロのこのフレーズを弾けるようになろう」
「今日はサビだけ練習しよう」

と言ったように細かく分けて練習する事が、ギターを早く楽しく上達する秘訣だと思っています。

皆さんの楽しいギターライフの1歩になれたら嬉しいです。

土日祝もOK!365日電話受付10:00-19:00

About MIRAIMusicSchool

ミライミュージックスクールは、関西を中心にこれから楽器を始めようとしている皆様へ最高の第一歩を踏み出してもらえることを第一に考え立ち上がったスクールです。学科はギター、ベース、ドラム、ボーカル、DTM、弾き語りの6学科。基本的にはマンツーマンレッスン、またはオンラインレッスンを生徒の皆様の環境、相性などを考慮し、最適な講師をマッチングし、ご提供いたします。
レッスン内容については既存のカリキュラムにこだわらず、それぞれの生徒さんに合わせたレッスンプランを組んでいきます。音楽を学んでいくに当たっての悩み、ご不安などございましたらお気軽にお問合せください。

サイトマップ個人情報保護方針